ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 保険・年金 > 後期高齢者 > 後期高齢者医療制度の被保険者

後期高齢者医療制度の被保険者

印刷用ページを表示する更新日:2018年7月17日更新

高知県後期高齢者医療広域連合の区域内(高知県内)に住所がある次のいずれかの方が対象者です。
※生活保護を受けている方などは被保険者となりません。

  1. 75歳以上の方(届出は不要です)
    75歳の誕生日から被保険者となります。
  2. 65歳以上75歳未満で申請により一定の障害(※)があると認められた方
    障害認定日から被保険者となります。
    ※一定の障害とは以下の手帳等をお持ちの方が該当します。
      身体障害者手帳1級から3級所持者(重複障害による3級認定者も含む)
      身体障害者手帳下肢障害4級1、3、4号、音声言語障害4級所持者
      療育手帳A所持者
      精神障害者保健福祉手帳1、2級所持者

被保険者証(保険証)

被保険者証は、一人に1枚ずつ交付され、被保険者となった当日から使用できます。
被保険者証を受け取ったら、記載内容を必ず確かめましょう。

  • 被保険者証は、月に一度は医療機関に提示してください。
    転居や負担割合が変わったときなど、記載内容が変更となった被保険者証を受け取ったときも、必ず医療機関等の窓口に提示してください。
  • 大切に保管してください。
    紛失したり、破損したりしたときは、最寄りの担当窓口で再交付を受けてください。
  • 貸し借りや書きかえをしないでください。
    被保険者証の貸し借りをすると、刑法で罰せられることがあります。
    記載内容を書きかえた被保険者証は無効となります。
  • 保険料を滞納すると
    保険料が納められていない場合、納付などの相談機会を持つために、有効期限の短い被保険者証が交付されることがあります。

※被保険者証の裏面に臓器提供に関する意思表示欄があります。この欄は、必ず記入しなければならないものではありません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)