ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 救急・消防 > 火災 > 飲食店等経営者の皆様へ

飲食店等経営者の皆様へ

印刷用ページを表示する更新日:2018年10月1日更新

2019年10月1日から、全ての飲食店等に消火器設置が義務化となります。

  2016年12月に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災を受け、消防法施行令が改正され、2019年10月1日から、火を使用する設備又は器具を設けた飲食店等には、面積に関係なく消火器の設置が義務づけられます。

  ただし、すべての火を使用する設備又は器具に「防火上有効な措置」を設けている場合は、消火器設置義務が免除されます。

  今後、消防本部では、すべての飲食店等を対象に改正概要の説明及び実態把握を目的とした調査を行います。

  事前に、ご連絡のうえ消防職員が調査にお伺いしますので、ご協力をお願いします。

 

消火器設置義務が免除となる場合

  (防火上有効な措置の例)

 ○調理油過熱防止装置

  センサーが鍋底の過度な温度上昇を感知し、自動的にガスの供給を停止し消火して、油の発火を防ぐ装置。

 ○自動消火装置

  厨房設備における温度上昇を感知して自動的に消火薬剤を放射することにより火を消す装置。

 ○圧力感知安全装置

  過熱等によるカセットボンベ内の圧力上昇を感知し自動的にカセットボンベからカセットコンロ本体へのガスの供給が停止されることにより火を消す装置。 

 

 消火器の設置基準                         

 ・業務用消火器を設置してください。

 ・住宅用消火器やエアゾール式のものでは対応できません。

 ・名称(消火器)を明示した標識を設置してください。

 ・容易に使用できる位置に設置してください。

 ・本体に損傷、腐食等がないか確認してください。

 ・消火器は定期的に点検し、1年ごとに消防署への報告が必要です。