ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熱中症に注意

印刷用ページを表示する更新日:2019年7月1日更新

熱中症とは?

   室温や気温が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害をおこす症状のことです。
 家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

    熱中症にご注意を    熱中症画像                                       

こんな時はすぐに救急車を呼びましょう!

  • 自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない場合は、すぐに救急車を呼んでください。
  • 意識がない(おかしい)、全身のけいれんがあるなどの症状を発見された方は、すぐに救急車を呼んでください。

熱中症予防のポイント

  • 部屋の温度をこまめにチェック(普段過ごす部屋には温度計を置くことをお奨めします)
  • 室温28度を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう
  • のどが渇く前に水分補給
  • のどが渇かなくてもこまめに水分補給
  • 外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も
  • 無理をせず、適度に休憩を
  • 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを

    エアコン扇風機を使おう        熱中症2

熱中症の応急手当

  • 涼しい場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせる
  • エアコンをつける、扇風機・うちわなどで風をあて、体を冷やす
  • 脇の下、太もものつけねなどを冷やす
  • 飲めるようであれば、水分を少しずつこまめに取らせる

特に子供と高齢者は熱中症に注意が必要

 子供の熱中症対策

  • お子さんの様子を十分に観察しましょう
  • 遊びの最中には、水分補給や休憩を
  • 外出時の服装に注意し、帽子も忘れずに
  • 少しの間でも、車内へ絶対に置いていかない
  • 日頃から栄養バランスのとれた食事や運動を通して暑さに負けない体力づくりを

 高齢者の熱中症対策

  • 室温をこまめにチェックし、エアコンや扇風機などを活用
  • のどが渇く前に水分補給
  • のどが渇かなくても水分補給を
  • 調子が悪いと感じたら、遠慮せず、家族や近くの人にそばにいてもらいましょう