ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 生涯学習・文化財 > イベント・講座 > 企画展「吉井勇と『五足の靴』-九州旅行と南蛮文学-」

企画展「吉井勇と『五足の靴』-九州旅行と南蛮文学-」

印刷用ページを表示する更新日:2019年2月13日更新

明治40年8月、吉井勇は与謝野寛に伴われ、北原白秋ら新詩社同人と九州を旅しました。
この旅で得られた南蛮情緒を、北原白秋や木下杢太郎は詩や戯曲作品に取り入れ、明治末から大正期の文壇に南蛮趣味の流行をもたらしました。
企画展では、勇らが旅行中に東京二六新聞に寄せた紀行文「五足の靴」をもとに足跡をたどるほか、異国情緒に影響を受けた作品などを紹介します。

五足の靴チラシ(表)五足の靴チラシ(裏)

五足の靴チラシ(表) [PDFファイル/1.18MB]

五足の靴チラシ(裏) [PDFファイル/1018KB]

展示情報

 場所

香美市立吉井勇記念館

高知県香美市香北町猪野々514番地

会期

2019年3月13日(水曜日)から2019年7月7日(日曜日)まで

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)