ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「子ども司書」養成講座

印刷用ページを表示する更新日:2019年6月4日更新

「子ども司書」養成講座の内容

「子ども司書」とは

「子ども司書」とは、子どもの読書活動の推進役です。本好きで、読書活動に意欲のある小中学生が「子ども司書」となって、まわりの友だちや家族に読書の楽しさや大切さを広めていくものです。そして、将来、「子ども司書」の子どもたちが、図書館司書や地域の読書ボランティアとして活躍するなど、次世代の読書リーダーを目指すことを目的としています。

「子ども司書」養成講座に応募するためには

読書好きで読書活動に意欲がある香美市の中学生及び小学5年生から6年生のうち、次の1から4のいずれかの条件を満たすことが必要です。

  1. 読書が好きで、本をよく読む子ども
  2. 図書館司書の仕事に関心のある子ども
  3. 子ども司書で学んだことを地域や学校で生かせる子ども

募集人数

募集人数は、20名程度です。

講座内容

「子ども司書」養成講座のポイント

  1. 養成講座は、「基礎研修」、「実技・実地研修」、「専門研修」の3つがあります。
  2. 全ての講座を受講し、レポートを提出すると「子ども司書」の認定証が授与されます。

講座の内容

基礎研修(8月2日)

香美市立山田小学校で読み聞かせやポップづくりなどを学びます。

実技・実地研修(8月から11月)

香美市立図書館で1日、学校図書館で合計6時間実施し図書館司書の仕事について学びます。

専門研修(12月7日)

子どもの読書の法律や図書館の役割、日本十進分類法による本の分類と整理の仕方など、専門的なことについて学びます。

レポートの内容

  研修を受けての感想を原稿用紙2枚以内にまとめて提出

「子ども司書」の認定

全講座を受講し、レポート提出した皆さんに認定証を授与します。

費用等

受講料は無料です。傷害保険は香美市が一括して加入します。

「子ども司書」の活動とは

  1. 地元の公立図書館で司書活動をしましょう。
  2. 自分の学校で読書リーダーとして、また、図書館担当の先生のアシスタント司書として活動しましょう。
  3. 地域で読書ボランティアの一員として活動しましょう。

令和元年度「子ども司書」養成講座募集要項

令和元年度「子ども司書」養成講座募集要項 [PDFファイル/373KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)