ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

利用者負担額(保育料)

印刷用ページを表示する更新日:2018年5月29日更新

 認可保育所、認定こども園、小規模保育事業者、新制度に移行済みの幼稚園(香美市内の幼稚園は該当しません。)等の利用者負担額は、保護者の方の市民税税額によって決まりますので一律ではありません。
 2014年度までは所得税額により保育料を決定していましたが、2015年度より市民税額により決定しています。

保育料の決定について

  • 保育料は各世帯の市民税額の合計額で、年間2回に分けて決定します。
    (4月から8月分は前年度の市民税額、9月から3月分は現年度の市民税額)
  • このため、転入又は香美市に住民票がない等のため、税情報が香美市にない保護者は必ず所得課税証明書を提出してください。提出されない場合は最高額の保育料となることがあります。
  • 税額が変わった方は、年度内に必ず教育振興課幼保支援班へご連絡ください。
  • 保育料決定にあたっての市民税額とは、寄付金税額控除、外国税額控除、住宅借入金等特別税額控除、配当控除等をする前の税額のことです。

保育料の変更について

次のような場合、年度途中に保育料が変更され、年度当初からの差額を支払っていただく場合や還付の対象になる場合があります。

  • 保育料を決定する資料を提出していない方
  • 申告内容に誤りがあった方(控除の取りすぎなど)
  • 世帯構成員に変更があった方

保育料基準額について

世帯の状況による保育料の区分はこちらになります。

H30年度利用者負担額基準額表 [PDFファイル/99KB]

香美市内保育所の保育料の納付について

  • 保育料の納付は、口座振替納付書による納付のいずれかの方法があります。
  • 納期限は各月の末日です。また、口座振替指定日は各月の末日となっています。
    ただし、12月については25日が納期となります。
  • 納期限、口座振替日が金融機関の休業日にあたる場合は、次の直近の営業日となります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)