ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 防犯・安全・消費者安全 > 防犯 > 布マスク全戸配布に便乗した悪質商法に注意してください

布マスク全戸配布に便乗した悪質商法に注意してください

印刷用ページを表示する更新日:2020年4月17日更新

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」において、一住所当たり2枚の布マスクが配布されるにあたり、本政策に便乗した悪質商法が増加する恐れがあります。
厚生労働省より配布される布マスクは、日本郵便の全住所配布のシステムを利用して配布され、受け取りの際に料金は請求されません。布マスク2枚とお知らせ文が透明の袋に入っています。

身に覚えのないマスクが届き、送料や手数料、マスクの代金を請求された場合、慌てずに受け取り拒否をし、事業者に連絡しないでください。

また、行政機関を名乗り、マスク配布を理由に個人情報を聞き出すいわゆる「アポ電」が増加する恐れがあります。
全住所配布のシステムを使用して発送するため、マスク配布のために事前に個人情報を聞くことはありませんので、もしこのような電話がかかってきた場合は、応じずすぐに電話を切ってください。

布製マスクは4月12日(日曜日)の週の後半以降、感染者数が多い都道府県から順次配布される予定です。
厚生労働省の新型コロナウイルス感染症に関するホームページにて、布製マスクの発送状況や配達スケジュールが分かる情報が掲載される予定です。

身に覚えのない商品の送り付けに注意 啓発チラシ
身に覚えのない商品の送り付けにご注意ください [PDFファイル/126KB]

【関連ページ】
厚生労働省 ホームページ
厚生労働省 布マスクの全戸配布に関するQ&A

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)