ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

野鳥の死がいを見つけた時

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新

野鳥は、野生で生まれ様々な原因で弱ったり死んだりします。死んでいるからといって、直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。ただし、万が一のため死んだ野鳥には素手で触らないでください。野生の鳥は、体内や羽毛などに細菌や寄生虫等を保有していることがあります。もし、野鳥や野鳥の排泄物などに触れた場合には、手洗い・うがいを行い清潔にしていただければ、過度な心配は必要ありません。

同じ場所で多数死んでいる、または連続して死亡するなど不審な場合には現場をその状態にしたまま、下記までご連絡をお願いします。

野鳥の死がいを見かけた時(外部リンク)

連絡先 

  • 高知県鳥獣対策課(平日088-823-9039:休日088-823-1111) 
  • 香美市産業振興課(0887-53-1062)