ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日中一時支援事業

印刷用ページを表示する更新日:2013年3月1日更新

日中一時支援事業とは、障害のある方を日常的に介護している家族の負担を一時的に軽減するために、障害のある方に日中の活動の場を確保するものです。

利用できる方

以下の両方に該当する方

  • 香美市内にお住まいの障害のある方で、日中監護する方がいないため、一時的に見守り等の支援が必要な方。
  • 障害者自立支援法に規定する障害程度区分の認定を受け、障害福祉サービス受給者証の交付を受けている方。

18歳未満の方

   障害程度区分の認定や障害福祉サービス受給者証の交付を受けていなくても、同等の状態であれば利用できます。

利用できる事業所

利用できる事業所は香美市と委託契約をしている事業所となりますので、福祉事務所社会福祉班へお問い合わせください。

利用するには

事前に申請が必要です。福祉事務所に申請書の提出をしてください。

申請の際には利用内容などの聞き取りを行います。その内容を審査し、利用できるかどうかを決定します。

結果は文書で通知し、利用ができる場合は、利用者証をお送りしますので、利用事業所に提示してご利用ください。

利用料の負担

原則1割負担ですが、住民税の課税額によって上限が設けられています。

上限額は、障害福祉サービスと同じです。