ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

結婚新生活支援事業費補助金

印刷用ページを表示する更新日:2022年5月23日更新

少子化対策の強化を図るため、結婚に伴う新生活の経済的支援として、住宅の取得、賃貸、リフォーム、引越に要した費用に対し補助金を交付します。

案内チラシ [PDFファイル/262KB]

交付要綱 [PDFファイル/366KB]

補助対象世帯

次のすべてを満たす方

  • 2022年1月1日から2023年3月31日までの間に婚姻届を受理された夫婦で、婚姻日における年齢が、夫婦ともに39歳以下であること。
  • 2020年又は2021年分の世帯所得(奨学金を返済している場合は控除可。申請時に無職の場合は所得なしとして算出)が400万円未満であること。
  • 対象となる住居が香美市内にあること。
  • 夫婦のいずれもが県税及び市税等を滞納していないこと。
  • 夫婦のいずれもが暴力団員でないこと。

対象経費(結婚を機に住居を購入・リフォーム・賃貸、又は引越に要した費用)

  • 住宅取得費用(新築、購入)
  • 住宅リフォーム費用(修繕、増築、改築、設備更新)
  • 住宅賃貸費用(賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料)
  • 住宅への引っ越し費用

補助対象となる経費は、2022年1月1日から2023年3月31日までに要した費用です。

補助額

1世帯あたり上限30万円

親世帯との同居・近居の場合、1世帯あたりの上限は45万円までとなります。

※同居とは、親世帯と新婚世帯が同一の住宅に住所を有し、居住していること。

※近居とは、親世帯との距離が5km以内、または同一小学校区内に住所を有し、居住していること。

募集件数

8件

申請期間

2022年5月23日から2023年3月31日まで  ※ただし、予算がなくなり次第終了となります。

申請方法

申請される方は、交付申請書と必要な添付書類をご提出ください。

※交付申請書を持参される場合は事前にご連絡ください。

申請に必要な書類

  1. 交付申請書(様式第1号) [PDFファイル/90KB]
  2. 夫婦の住民票の写し
  3. 婚姻届受理証明書又は婚姻後の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  4. 夫婦それぞれの前々年又は前年の所得証明書(申請時に証明される最新のもの)
  5. 申請時に夫婦の双方又は一方が離職して無職の場合は、離職票又はこれに代わるものの写し及び無職であることの誓約書(様式第2号) [PDFファイル/24KB]
  6. 夫婦の県税及び市税等滞納のない証明書
  7. 奨学金の返済額がわかる書類の写し(所得証明書の期間と同一機関の奨学金返還証明書等)
  8. (住宅取得の場合)住宅の売買契約書、工事請負契約書等及び領収書の写し
  9. (住宅取得の場合)建物の登記事項証明書又は建築基準法に基づく検査済証の写し
  10. (リフォームの場合)住宅の工事請負契約書又は請書等及び領収書の写し
  11. (住宅取得及びリフォームの場合)位置図、建物配置図及び建物平面図
  12. (住宅取得及びリフォームの場合)工事請負書の写し、住宅の全景写真
  13. (住居賃貸借の場合)住宅の賃貸借契約書等及び領収書の写し
  14. (住居賃貸借の場合)住宅手当支給証明書(様式第3号) [PDFファイル/35KB]
  15. (引越費用の場合)引越しにかかる領収書の写し
  16. その他にも、市長が必要と認める書類を提出していただく場合があります。

 

また、親世帯との同居・近居の方は、次の書類をご用意ください。

  • ア) 親世帯の住民票の写し
  • イ) 親世帯の同意書(様式第4号) [PDFファイル/28KB]
  • ウ) 親世帯との続柄が確認できる戸籍謄本または戸籍抄本の写し
  • エ) 親世帯と新婚世帯の住宅の位置図
     ※近居(5km以内)の場合のみ

 

手続きの流れ

  1. 補助申請
    交付申請書や所得証明書、領収書等を提出
  2. 審査、交付決定
    内容を審査し、結果を交付決定通知書により通知します。
  3. 請求書を提出
    交付決定通知書が届けば、請求書を提出
  4. 補助金の支払い
    請求額を申請者へ振り込みます。

 

事業計画

実施計画書 [PDFファイル/107KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)