ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

香美市立美術館ロゴマーク

印刷用ページを表示する更新日:2014年8月1日更新

2014年度、香美市立美術館創立20周年を記念して、香美市立美術館のロゴマークを募集したところ、計105点の応募を頂きました。ご応募いただいた皆様、ありがとうございました。
厳正な審査の結果、下記の オダ タクミさん(土佐山田町出身、京都府在住)の作品をロゴマークに決定しました。
今後、パンフレットや印刷物等に広くこのマークを活用して参ります。


ロゴ

制作者

オダ タクミ 様
男性
京都府在住、土佐山田町出身
27歳(2014年7月時点)

作者コメント

香美(Kami)市のKと美術館(Museum)の「M」を図案化しました。
香美市を囲む山々の中に建つ美術館の姿をイメージし、美術館が将来に向かって飛躍していく光を表現しました。そして同時に、香美市の人たちの感性が、アートに触れることで空高く飛躍していく様子もイメージしています。
色は新緑を思わせる若草色。香美市の自然を思わせる色であり、これまでの20年の歴史を踏まえ、これからも新たな芽(アート作品や才能)を生み出していってほしいという思いを表しました。また、「美術やアートは敷居が高い」と考えている方にも、気軽に美術館に訪れていただけるような、親しみやすい優しい色でもあります。